社員メッセージ

営業部 係長 2008年入社

自分の提案が身近な商品に

当社が提案する印刷機は、まずみなさんの目に触れることはありませんが、私たちの機械で作られたシールやラベルは、みなさんの身近に溢れています。例えば、コンビニや百貨店、ショッピングセンター、家電量販店などに陳列されている商品には必ずシールやラベルが貼られています。他にも自動車の車中やトランク・エンジンルームなどのあらゆる所にも。みなさんがイメージしやすいので言えば、オロナミンCのラベルやギャッツビーのワックスについているポップシール、洗顔シートを開封するシールなど当社の印刷機でつくられており、自分の提案が身近な商品と密接に関わっています。

私は以前、商社の営業をしていたのですが、お客様が欲しい(指定する)商品を仕入れ、原価に自社の利益を上乗せして提供するという繰り返しにやりがいを感じることができませんでした。そこで、既製品を仕入れて販売する“かわしも”の営業ではなく、自社で商品を企画・製造・販売する“かわかみ”の仕事がしたいと考え、三起機械に入社しました。当社は印刷機の分野で自社ブランド製品を持っており、お客様の要望に合わせたオリジナルの企画・提案ができます。すべてオーダーメイドで設計していますので、自分のアイデアや発想をカタチにできるのがこの仕事の魅力です。その反応がダイレクトに返ってくるため、プレッシャーはありますが、「吉田さんに頼んで良かった」と言ってもらえる瞬間は最高に嬉しいですね。また、当社は深く永く付き合う営業スタイルなので、信頼関係を積み上げていけば、ライバル企業と競合した時も、「吉田さんだから今回もお願いする」と言って頂けます。営業の世界では、金額の安い方に発注することが多いのですが、他社より高い提案で受注できた時は、自分の提案と人間性が評価されていることを実感でき、営業マンとしてのやりがいを感じます。